SONY TR-3500

ポケットラジオのスタンダード

SONY TR-3500のソフトケース
付属のケースに入れたTR-3500

 1973年頃のSONY製で,単3電池2本で動作する6石スーパー.プラスチックの筐体に金属製パネルを組み合わせたフロントパネル.ポケットラジオとしては少し大きめで,比較的小型のバー・アンテナを内蔵しているが感度は高い.

SONY TR-3500
TR-3500の銘板


 受信周波数は530~1605kHzでセラミック・フィルタを使用しており選択度もよい.音質はやはりポケットラジオの域を脱しないもの.本機は開閉傷が付かないように簡単に裏ふたが開くようになっている.
 選局つまみはバリコンに直接取り付けられており,これは径が大きいので選局が楽に行える.使用されているトランジスタはNPNのモールドタイプ.

SONY TR-3500の同調ダイアル
ダイアルの径が大きく選局が容易

購入時の状態-
 これも動作未確認として出品されていたもので外観は比較的よく,合皮のケース付きで入手ができた.残念ながらこれも電池収納部の液漏れで電極部が緑青が吹いる状態だった.電池収納部の電極の洗浄と電源連動可変抵抗の接触不良を修復することで電源は投入できた.
 動作を確認できたところトラッキング調整を行い周波数表示と受信周波数を合致させ最大感度に調整して修理終了.調整箇所が少なくラジオの調整入門に最適.

SONY TR-3500の内部
TR-3500の内部

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。